Menu メニュー

close 閉じる

石釜製作・パン教室のエトセ工房のTOPページに戻る

トップページへ

韓国パン窯作り 9 | エトセ工房の日常を紹介

お問い合わせ

0564-83-2881

0564-83-2881

080-6305-2092

エトセ工房ブログ エトセ工房の日常

エトセ工房ブログ エトセ工房の日常

韓国パン窯作り 9

2018.08.23

/category:施工風景

これから石窯内部のアーチを組んでいきます。今回の内部の構造はアーチ型(かまぼこの形)となります。まずはアーチの下の部分を耐火レンガで積んで行きます。IMG_9283

入り口部分と窯の後方部分のアーチ型を加工した耐火レンガで組みました。ここで木の枠を使って、耐火レンガを載せていく土台を作りました。IMG_9293

ここから耐火レンガの「Y1」「Y2」という扇型のレンガを載せていきます。左右から積んで行くのですがシュミレーションをしながら、目地を入れ均等に積んで行き、最後のレンガを積んだ時にがっちりとしたアーチに組み上がるようにします。IMG_9302全面に貼ってがっちりしたアーチとなれば人が乗ってもビクともしません。耐火レンガはもうⅠ重積むのですが、大体石窯内部の形が出来上がってきました。IMG_9305

作業終了後、Toujoursさんがウナギ屋さんに連れて行ってくれました。IMG_9308まず出てきたのがウナギのしっぽです。驚くことにしっぽはまだ動いていました。これを炭火で焼いて食べるということです。IMG_9310そしてウナギが出てきましたが、日本と違い炭火で焼きながら、食べるのだそうです。ケールの葉の漬物や、大葉にまいて薬味と共にいただきました。日本と違った、ぷりっとした食感でおいしくいただきました。ちなみに韓国でもウナギは高級品だそうです。

戻る

ページトップ

エトセ工房

0564-83-2881

0564-83-2881

080-6305-2092

444-3601
愛知県岡崎市石原町黒石33
※旧愛知県額田郡額田町

copyright エトセ工房 ALL Right Reserved.