Menu メニュー

close 閉じる

石釜製作・パン教室のエトセ工房のTOPページに戻る

トップページへ

韓国パン窯作り 10 | エトセ工房の日常を紹介

お問い合わせ

0564-83-2881

0564-83-2881

080-6305-2092

エトセ工房ブログ エトセ工房の日常

エトセ工房ブログ エトセ工房の日常

韓国パン窯作り 10

2018.08.24

/category:施工風景

韓国に来て、10日目の朝を迎えました。連日暑い日が続いておりましたが、初めての雨上がりの朝となりました。IMG_9341いよいよ作業としては最終日になりました。

IMG_9346 IMG_9350石窯後部の煙突部分のダンパーの加工を行いました。

その後は耐火レンガに蓄熱された熱を逃がさないための断熱処理を行います。パーライトという黒曜石を発泡させたものにセメントと砂を混ぜ窯の上に被せていきます。IMG_9354大きな桶で混ぜ合わせてから、バケツに入れ、ハシゴで手渡しすること、約150回。耐火レンガの外から20センチの厚みで被せることができました。IMG_9384 IMG_9385

この厚みがあると耐火レンガに蓄熱された熱が逃げにくくなり、パンを焼くときに、より安定した熱を供給することができます。IMG_9362

最後に、窯内部の掃除を行いエトセ工房としての窯制作の仕事は終了しました。この後は、韓国の職人さんにバトンタッチして、煙突のつなぎ、窯のお化粧をしていただくことになります。お化粧は石を張り付けると聞いています。IMG_9380 IMG_9389

これで一応の作業は終わりましたが、これからは窯の乾燥をしていただくことになります。徐々に自然乾燥で水分を蒸発させていき、その後少しずつ火入れをしながら乾燥させていきます。

 

戻る

ページトップ

エトセ工房

0564-83-2881

0564-83-2881

080-6305-2092

444-3601
愛知県岡崎市石原町黒石33
※旧愛知県額田郡額田町

copyright エトセ工房 ALL Right Reserved.